美を追求するブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳の視床下部への介入で健康長寿に?老化を抑制 米研究

  作成日時 : 2013/05/08 21:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0




この記事のまとめ

視床下部内部の情報伝達分子「NF-kB」を活性化でGnRHの量が減り、ニューロンの新生が阻害されて、筋肉の衰えや肌の萎縮、骨密度の低下や記憶力低下などの老化現象がみられる。

情報伝達分子「NF-kB」を抑制させれば老化現象が抑制されるということだな。

GnRHホルモンを投与で、老化を抑制

ニューロンの新生で若返る。

ニューロンとは・・・機能は情報処理と情報伝達に特化した神経系を構成する細胞。

将来的にGnRHホルモンがアンチエイジングに活用されるかも?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

脳の視床下部への介入で健康長寿に?老化を抑制 米研究 美を追求するブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる